生体調節学 久原 篤 研究室

 

太田茜

博士研究員 太田 茜 (Akane Ohta, Ph.D.)

メール

aohtacenter.konan-u.ac.jp

大学

1997-2001
名古屋大学 理学部 生命理学科 卒業
2001-2003
名古屋大学 大学院 理学研究科 修士課程 修了
2008-2011
名古屋大学 大学院 医学研究科 博士課程
2011
博士(医学) 名古屋大学

略歴

2003-2005
株式会社 ダイナコム SNP解析ソフトプログラマー
2005-2008
藤田保健衛生大学 医学部 21世紀COE 研究員
2009-2011
日本学術振興会 特別研究員 DC2
2011-2014
甲南大学大学院 自然科学研究科 博士研究員
2014-2016
日本学術振興会 特別研究員 RPD / 2014:甲南大学 非常勤講師(兼任)
2016-現在
日本学術振興会 特別研究員 PD(2016年度~) / 甲南大学 非常勤講師(兼任)

受賞

2008
名古屋大学 学術奨励賞
2014
日本遺伝学会Bestペーパー賞(共著)
2015
資生堂女性研究者サイエンスグラント
2016
日本動物学会女性研究者奨励OM賞
2017
守田科学研究奨励賞
 

助成

2007
文科省 科研費 若手B(代表)
2009-2011
日本学術振興会 特別研究員奨励費DC2
2012年度
笹川科学研究助成
2012-14.3
内藤記念女性研究者研究助成
2013-14.3
成茂動物科学振興基金
2014.4-16.3
日本学術振興会 特別研究員奨励費RPD
2015.3-17.3
加藤バイオサイエンス振興財団 研究助成
2015.4-
文科省 科研費 若手B(代表)
2015.4-16.3
ひょうご科学技術協会 学術研究助成
2015.6-16.3
資生堂女性研究者サイエンスグラント
2015
日本科学協会 海外発表促進助成
2016.4-
日本学術振興会 特別研究員奨励費PD
2016.9-
武田科学振興財団 ライフサイエンス研究奨励
2017.4-
ノバルティス科学振興財団 ノバルティス研究奨励
 

趣味

健康ヨガ、おひるね

Publication

    #: Corresponding authour, *: Eaqually contributed

  1. Ujisawa, T., Ohta, A.#, Uda-Yagi, M., Kuhara A.#
    Diverse Regulation of Temperature Sensation by Trimeric G-Protein Signaling in Caenorhabditis elegans.
    PLOS ONE, 11(10): e0165518., 1-20, 2016
    (doi:10.1371/journal.pone.0165518)

  2. Sonoda S., Ohta, A.#, Maruo, A., Ujisawa T., Kuhara, A.#
    Sperm affects head sensory neuron in temperature tolerance of Caenorhabditis elegans
    Cell Reports, 16, 1, 56–65, 2016

  3. Okahata M.*, Ohta, A.*#, Mizutani, H., Minakuchi, Y., Toyoda, A., Kuhara, A.#
    Natural variations of cold tolerance and temperature acclimation in Caenorhabditis elegans
    Journal of Comparative Physiology B, 186, 8, 985–998, 2016

  4. Kage-Nakadai E., Ohta, A., Ujisawa T., Sun S., Nishikawa Y., Kuhara A., Mitani S.
    A Caenorhabditis elegans homolog of Prox1/Prospero is expressed in the glia and is required for sensory behavior and cold tolerance.
    Genes to Cells, 21, 9, 936-948, 2016

  5. Ohta, A.*, Ujisawa T.*, Sonoda S., Kuhara, A.
    "Light and pheromone-sensing neuron regulates cold habituation through insulin signaling in C. elegans"
    Nature commun., doi: 10.1038/ncomms5412, 2014

  6. Ujisawa T.*, Ohta, A.*, Okahata M., Sonoda S., Kuhara, A.
    Cold tolerance assay for studying cultivation-temperature-dependent cold habituation in C. elegans
    Protocol Exchange, doi:10.1038/protex.2014.032, 2014

  7. Ujisawa T., Ohta, A.#., Kuhara, A.#
    Long-term calcium imaging of ASJ sensoryneuron controlling cold tolerance in C. elegans
    Protocol Exchange, doi:10.1038/protex.2014.034, 2014

  8. Ohta, A. & Kuhara, A.
    Molecular mechanism for trimeric G protein-coupled thermosensation and synaptic regulation in the temperature response circuit of Caenorhabditis elegans
    Neuroscience Research, Vol. 76, 3, 119–124, 2013

  9. Higashimoto Y., Ohta A., Nishiyama Y., Ihira M., Sugata K., Asano Y., Peterson DL., Ablashi DV., Lusso P., Yoshikawa T. “Development of a human herpesvirus 6 virus species-specific immunoblotting assay” Journal of Clinical Microbiology, Epub ahead of print, 2012

  10. Ohta A., Yamauchi Y., Muto Y., Kimura H., Nishiyama Y.
    "Herpes simplex virus type 1 UL14 tegument protein regulates intracellular compartmentalization of major tegument protein VP16"
    Virology Journal, 8: 365, doi:10.1186/1743-422X-8-365, 2011

  11. Miyara, A., Ohta A.,, Okochi, Y., Tsukada, Y., Kuhara, A., Mori, I.
    "Novel and conserved protein TTX-8/Macoilin is required for diverse neuronal functions in C. elegans"
    PLoS Genetics,  7(5): e1001384, 2011

  12. Ohta A.,, Nishiyama Y.
    "Mitochondria and viruses"
    Mitochondrion, 11(1):1-12, 2011

  13. Ohta A, Fujita A, Murayama T, Iba Y, Kurosawa Y, Yoshikawa T, Asano Y.
    "Recombinant human monoclonal antibodies to human cytomegalovirus glycoprotein B neutralize virus in a complement-dependent manner"
    Microbes and Infection, 11 (13): 1029-1036, 2009

  14. Ihira M, Ohta A, Sugata K, Suga S, Asano Y, Yoshikawa T.
    "Loop-mediated isothermal amplification for discriminating between human herpesvirus 6 A and B"
    Journal of Virological Methods, 154 (1-2): 223-225, 2008

  15. Higashimoto Y, Ihira M, Ohta A, Inoue S, Usui C, Asano Y, Yoshikawa T.
    "Discriminating between varicella-zoster virus vaccine and wild-type strains by loop-mediated isothermal amplification"
    Journal of Clinical Microbiology, 46 (8): 2665-2670, 2008

  16. Okochi Y, Kimura KD, Ohta A, Mori I.
    "Diverse regulation of sensory signaling by C. elegans nPKC-epsilon/eta TTX-4"
    EMBO Journal, 24 (12): 2127-2137, 2005

著書

  1. 太田茜、園田悟、久原 篤   "匂いに慣れたらどうなるの? センチュウの匂い順応テスト:嗅覚順応行動の測定"
    研究者が教える動物実験 第1巻 感覚, p42-45, 共立出版, 2015
    比較生理生化学会 編

  2. 久原 篤、太田茜   "緑色にキラリと光る細胞を見てみよう 緑色蛍光タンパク質GFPによる神経細胞の観察"
    研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋, p20-23, 共立出版, 2015
    比較生理生化学会 編

  3. 太田茜、園田悟、久原 篤   "好きなにおいに向かっていく行動を見てみよう センチュウの走化性テスト:嗅覚応答行動の測定"
    研究者が教える動物実験 第3巻 行動, p32-35, 共立出版, 2015
    比較生理生化学会 編

  4. 久原 篤、太田茜   "好きな温度に向かう行動を調べよう センチュウの温度走性テスト:温度応答行動の測定"
    研究者が教える動物実験 第3巻 行動, p36-39, 共立出版, 2015
    比較生理生化学会 編

  5. 太田茜、園田悟、久原 篤   "遺伝子の突然変異のDNAを見てみよう PCR法と制限酵素による突然変異部位の可視化"
    研究者が教える動物実験 第3巻 行動, p40-43, 共立出版, 2015
    比較生理生化学会 編

日本語の文献

  1. 久原 篤, 宇治澤 知代, 太田 茜
    " 線虫 Caenorhabditis elegans の温度適応を制御する神経と腸を介した情報処理"
    比較生理生化学, Vol.32 No.2, p67-75, 2015